• アルメゾン松堀不動産評判のセミナーに参加する前に電話で確認してみた

アルメゾン松堀不動産評判のセミナーに参加する前に電話で確認してみた

アルメゾン
アルメゾン松堀不動産評判のセミナーに参加する前に電話で確認してみた

アルメゾン松堀不動産はどんな会社?

  • 会社名……株式会社松堀不動産
  • 設立……昭和48年
  • 資本金……4千万円
  • 住所……埼玉県東松山市箭弓町2丁目3番2号
  • 社員数……111名
  • 業務内容

注文・分譲住宅の企画・設計・施工
コンテナトランクルームの運営・販売
土地・建物の売買・仲介
土木・建築工事の設計・施工及び請負
事業用不動産・駐車場の経営及び受託運営
不動産コンサルティング業務
その他不動産業全般
損害保険代理業

 

設立から50年近く経営されており、不動産会社としてはかなりの老舗です。

 

主に新築の物件を紹介し、サブリースで10年以上の家賃保証をしてくれるところを大きなメリットとして販売しているようです。

 

埼玉県西部を中心とした物件を主に開発しているそうです。

 

2016年時点での入居率は94.78%。

2018年では96%以上を達成しています。

 

アルメゾンセミナーの概要

●セミナー名:新築アパートのアルメゾンは10年間固定の家賃保証を実現

※毎月1,2回の開催と少なく、参加人数も先着12名と制限されていることから、早めの予約が必要。

 

●参加対象者:どなたでも参加できます。

 

●参加費用:無料

 

●開催日程:毎月1回から2回程度。

※最新の具体的な日程についてはアルメゾンセミナー日程からご確認ください。

 

●セミナー時間:土曜日の13時から14時半まで

 

●セミナー会場:六本木

※主な会場は松堀不動産六本木店で行われています。

【住所】東京都港区六本木7-18-15 Roppongi718 12F

(東京メトロ「六本木」駅徒歩2分)

 

●セミナー内容の主なポイント:

  1. 新築と中古物件のリスクの違い
  2. 新築アパートアルメゾンの特徴
  3. 10年固定の家賃保証ができる理由
  4. 圏央道以北の物件が有利である根拠
  5. 埼玉県での企業誘致の実績と今後の計画
  6. アルメゾン物件のこだわり
  7. 楽ゾウプランのご説明
  8. アルメゾン事業計画書の実例
  9. オーナー様の体験談
  10. 質疑応答

 

●3部構成で、最初は社長の講演、続いて現場を知り尽くした課長、最後に実際にオーナーとして活躍している方の講演になっているようです。

また、直接オーナーへ質問できるコーナーもあるので、実情を知りたい方には最適です。

 

※他にも無料個別相談は毎日行われており、10時から19時までで、参加者には社長の著書が1冊プレゼントされます。

時間は1時間程度ですが、セミナーよりも質問がしやすい環境が整っているようです。

詳しくはアルメゾン無料個別相談予約を参照ください。

 

アルメゾン セミナー特徴

アルメゾンのセミナーの特徴を一言で言うのであれば

埼玉県にめっぽう強いサブリース専門の会社

でしょうか。

レオパレスやかぼちゃの馬車問題で風当たりの強いサブリースですが、アルメゾンを展開する松堀不動産のサブリースは全く違う印象でした。

それは、10年以上家賃を下げた事が無いばかりか、10年経ってもサブリースを更新しているオーナーがほとんどだと言う事です。

まあ、問題のあるサブリースは計画性の高い犯罪なのですが、松堀不動産は今までサブリースで一度も問題を起こしていない超優良企業だと言う事です。

家賃は表面家賃の9割以上

入居率は96%以上

10年以上これらの実績を積み重ねてきている信用あるサブリースであることが大きな特徴です。

他の地域に進出していない事をみると、埼玉にめっぽう強いと言う事がわかります。

その芯には『埼玉県5カ年計画』があります。

人口は過去3年間で4万人増加しており、ホンダの工場が新設されたうえ、ヤマコー、しまむら、佐川急便などが物流拠点として開発している地域です。

このようなバックグラウンドに加え、東京オリンピック、外国人単純労働者の受け入れなども加わり、将来的に不動産が活況を呈する事は目に見えているからです。

 

もし、埼玉県に少しでも土地勘がある方であればアルメゾンは最適の投資先だといえるでしょう。

 

セミナーに参加する機会があれば、そのあたりをじっくりと聞いてみましょう。

 

まずはアルメゾンの動画があるのでご覧下さい。

 

※最新のセミナー情報はアルメゾンセミナー予約からご確認ください。

 

 

アルメゾン松堀不動産にサブリース問題を電話で聞いてみた

不動産投資を始めようと考えている方は最近起こった問題の事を思い出すでしょう。

そうです。

スルガ銀行のサブリース問題ですね。

 

スマートデイズという不動産開発会社が新築でかぼちゃの馬車というシェアハウスを建設します。

そのシェアハウス建築の資金を一般投資家がスルガ銀行から借りさせます。

しかし、一般投資家にとって最も心配なのが空室の問題です。

この問題をスマートデイズが全ての部屋を借り上げて、一般投資家への家賃の支払いを10年以上保証する『サブリース』という契約方式で一般投資家であるオーナーにはリスクが無いと言う事を説明し、契約させていたのです。

しかし、実際のところは入居者を募集して数カ月後にスマートデイズからオーナーに連絡が行き、このままの家賃では入居者が入らないので家賃を下げて欲しいと交渉に来るのです。

オーナー側にすれば、サブリースで家賃が保証されているので、スマートデイズ側で解決しろと言うのですが、そうはいきません。

サブリース契約書の中には小さな文字で2年契約と注意書きがされてあり、10年以上の家賃保証というのは全くの嘘だったのです。

また、2年未満の物件に関しては、借地借家法によれば、オーナーよりも入居者の権利が保護される為、家賃を下げて欲しいという無理な要求にも応じなければならないのです。

 

このように、契約自体が詐欺と言われても仕方のない『サブリース』ですが、現在敢えて強力に推し進めている会社があります。

それが、アルメゾン松堀不動産です。

 

なぜこの時期に強くサブリースを営業しているのか気になってセミナーに参加しようと思い、その前に電話で確認してみる事にしました。

声の感じからして40代位の女性の方が受けてくれました。

 

ちょっと教えてほしいんですけど。
ハイ、どうぞお願いします。
御社はスルガ銀行でお馴染みのサブリース方式を前面にだして営業をされているようですが、問題ないのでしょうか?
ハイ、かぼちゃの馬車とは全く異なる内容でお客様に勧めておりますので問題ございません。
例えば、かぼちゃの馬車の場合は、15年の家賃保証をオーナーと結んでも結果、オーナーは数カ月後には家賃を下げざるを得なかったという問題が有りますが、御社はどうなんですか?
ハイ、かぼちゃの馬車は15年間の家賃保証と口では言っていましたが、実際には2年更新で、かぼちゃの馬車側が家賃をどうしても下げて欲しいとオーナーにお願いすればオーナーは家賃を下げざるを得なかったという状況でしたが、弊社は2年契約では無く、10年契約の保証をつけていることが、まずは異なる点です。また、契約期間内に弊社からオーナー様に家賃を下げるといった交渉をした事も御座いません。今まで既に10年以上の実績はありますが、入居率は常に96%を超えており、オーナー様に家賃交渉をするような必要は全くない事が根拠です。それでも不安な方は、弊社がお勧めしている物件を一つ一つ見て回って本当に入居率が96%を超えているのかを実際に確認された方もいらっしゃいます。
なるほど、良く分かりました。
ありがとうございます。今後とも何かありましたらお気軽にお問い合わせください。
と、ここで電話を切ったのですが、サブリース問題については徹底してかぼちゃの馬車とは違う事を説明出来ていると感じました。
確かに借地借家法で入居者が過保護になっている状況もありますが、そこは家賃を下げなくても立地や内容で高い入居率を保つことができると言う事も良く分かりました。
しかし、実際にアルメゾンと取引した方の意見も聞いてみないと実際のところは分かりません。
次はアルメゾンの実際の口コミ評判について調べてみました。

アルメゾン松堀不動産と契約中オーナーの口コミや評判

30代男性<br />
30代男性
私は都内に住んでいますが、前々から物件を購入するなら埼玉か千葉と考えていました。
時間が有る時には、自分で不動産屋に貼られてあるチラシを見たり、北関東に強い不動産会社を探していました。
そこで、みつけたのが松堀不動産です。
私はとにかくリスクが怖くて、色々自分で最悪の事も考えてシュミレーションをしてもいたのですが、どうしても空室の事を考えてしまうと、どんなに良い物件でも手を出すのが怖くなってしまっていました。
空室はそれ自体がリスクで、2カ月間空室になってしまうと、その期間の家賃は一生かけても戻りません。
なので、何とか空室のリスクを回避できないかという事で私の考えと一致したのが松堀不動産のアルメゾンでした。
アルメゾンの何かが気にいったのかといえば、それは、10年保証のサブリースです。
サブリースは最近色々問題にはなっていますが、しっかりと契約書を交わせば問題無いと言う事もわかりました。
スルガのサブリースの契約は10年以上の保証と言っておきながら実は2年だったと言う事なので、松堀の担当さんからもしっかりと納得するまで契約書をまずは見せてもらいました。
物件の紹介もされたのですが、まずはこのリスクをしっかりと消化したいと思い、少し後になって物件を見せてもらいました。
物件といっても土地なので、その周辺の立地条件などもしっかりと見せていただきました。
駅からは歩いて5分以内で、実際に歩いてみましたが、そうでした。
大きなスーパーも歩いて10分もあれば買い物に行ける距離でした。
他にも小中一貫の学校もあり、病院も充実していました。
立地については全く問題のない満足いくものでした。
しかし、このような好立地はめったに無いので、どうやってみつけたのかという事を担当さんに尋ねたところ、答えに驚きました。
なぜなら、松堀不動産がほとんど一から誘致したから今の好立地が有ると言う事でした。
確かにスーパーも病院も比較的新しく、最近できたものだとわかります。
アルメゾンの入居率が96%超という数字は松堀不動産が誘致して立地条件を改善して作ったものだったのです。
このような力のある不動産屋だと間違いないと言う事で、土地を購入し、8部屋のアパートを作る事を契約しました。
もちろん10年間家賃保証のサブリースです。
こちらのサブリースの良いところはしっかりと10年契約出来る事と、将来の計画を立てやすいと言う事です。
最短のサブリース契約10年間としてローンの返済に充て、残りは5年間なので、自身の給料でも十分賄える金額です。
万が一空室になっても問題無いと判断しました。
これらの計画は全て松堀の担当さんと一緒に考えてシュミレーションした結果です。
15年後にはもう1棟購入出来たらいいなと考えています。
私も10年後には40代半ばなので、50歳を目途にセミリタイヤを考えています。
リスクの怖い私を説得して、細かい内容まで説明してくれた松堀の担当さんにはとても感謝しています。
これから仕事も忙しくなりそうですし、海外出張も多い会社なので、サブリースという方法は不動産にかける時間のあまりない私にとっては最適の選択だったと思います。
これから不動産を考えている方にとっては、将来インフレになると分かっている今が一番最後の買い時である事は間違ないので、しっかりとした不動産のパートナーをみつける事が大切だと思います。
もし、関東圏であれば、絶対アルメゾンをお勧めします。

50代男性<br />
50代男性
私は2017年に既に中古アパートを購入し、不動産運用をしていました。
しかし、中古で鉄骨製で耐久年数が短い事と、空室がたびたび発生するので、頭を悩ませていました。
以前は新築よりも中古が断然有利だと考えていましたが、やはり修繕費が思ったより必要だったのと、今後の耐久年数を考えると、新築もいいのかもと思い始めていて、そんな時にインターネットでみつけたのがアルメゾンのサブリースです。
当時はかぼちゃの馬車問題はまだ発生しておらず、丁度レオパレスのサブリース問題が少し騒がれていた時期でした。
なぜ、レオパレスのような問題が発生するのかを松堀不動産の担当に聞いてみたところ、原因は最初の契約に有ると言う事でした。
更新年数を偽って契約した詐欺まがいの商法である事と、借地借家法を利用した家賃の一方的な値下げが問題である事を教えて頂きました。
前者は契約書をしっかりと読み込めば解決できる問題です。
問題は借地借家法を盾にした家賃の値下げです。
これは、その不動産会社の今までの実績をみるほかに方法はありません。
実際に松堀不動産の担当さんにも聞き、実際に既に契約しているオーナーさんの話を聞きにセミナーにも参加しました。
そこでしったのは、アルメゾンは今まで家賃を一度として下げた事はないという実績です。
また、その実績を裏付けるものとして、入居率の高さがあります。
入居率は96%を超えており、集客力は他の不動産屋と比べてもかなり強い印象でした。
実際にしりあったオーナーとも話しをし、裏付けを得ました。
その他にも実際に既に稼働している10年以上の物件に絞って夕方から夜にかけて本当に入居率が高いのかもしっかりと実地調査をしたところ、間違いなくほとんどのアルメゾンで満室の状態でした。
他には、実際に現地に赴いて分かった事ですが、とにかく立地が良い事が印象的でした。
交通や買い物、教育や病院の利便性もかなり高い場所にアルメゾンは建っています。
これであれば、高い入居率を維持している理由が改めて分かりました。
また、サブリースの要である借り上げ賃料ですが、実際の家賃の7-8割が相場であるにも関わらず、全ての物件で9割以上を維持しているのは本当に凄いと思いました。
これであれば、最初の購入費が高いと言う新築のデメリットを補って余りあるメリットが有ると感じ、アルメゾンを新築する事に決めました。
今でも週に一度は近くを散歩し、私の物件を確認するのですが、やはり新築なので、きれいで、周りの環境を明るくしているような気がします。
アルメゾンは長期的に安定した家賃収入を得る事と、手間がかからない事が大きなメリットです。
利回りでは中古物件に及びませんが、時間や手間や将来的なリスクを考えるとアルメゾンにして良かったと思っています。

40代男性<br />
40代男性
投資は債権や株式をやっていました、その他にも松堀不動産以外で中古アパートを購入して運用していました。
しかし、空室がたびたび発生するようになり、家賃を長期保証してくれるサブリースを探していたら、アルメゾンにたどり着きました。
評判の良い不動産会社のランキングで1位という事もあり、連絡をしてみたのがきっかけです。
色々話を聞いてみて、その日に契約する事を決めました。
その理由は色々ありますが、まずはサブリースの信用度です。
サブリースは今までの実績がどのくらいあるのかを見てみないと信用出来ないと思っていました。
ポイントは前部屋数に対する入居率が90%以上であると言う事です。
この高い入居率であれば、サブリースが破たんする事は無いと思いました。
また、埼玉県での土地勘がずば抜けて優れていると言う事もあります。
サブリース後の家賃から計算しても利回り7%はありましたので、問題無いと判断しました。
また、サブリースだととにかく以前の中古アパートで色々悩まされていた時と比べて自分の時間を作れるようになったのがとても大きなメリットでした。
将来に対する不安も無い事もないですが、やはり、一番はサブリースが何かのきっかけで破たんする事ですね。
つまり、10年経っても同じ条件で契約を更新できるかどうかです。
あとは金利の上昇がきになります。
ですので、一応20年後の将来を考えて金利が上がった場合に備えてのシュミレーションは済んでいます。
なんだかんだ言っても、やはり新築のサブリースは他のと比べて安心感が全く違います。
築20年であっても外観が損なわれる事はないので、同レベルの家賃で貸す事ができますし、次の物件を探す時間も作る事ができる。
今では安心して将来の事を考える事ができる良い循環を回せていると実感しています。
それもこれも松堀不動産あっての事ですが、大きな地震が起きない限りは将来はほとんど問題が無いと確信しています。
次の物件の土地の下見も既にできており、担当さんとも先日話しあいました。
長く付き合ってくれる担当さんだと、会った当日に土地を見ながら家賃まで決める事ができるので楽しいですね。

※他にも実際の口コミ評判はアルメゾンオーナー様の声から確認できます。

関連記事
記事はありませんでした
トラックバック
トラックバックURL